サーカスTC インナー初張り

サーカスTC インナー初張り

この商品が出ると知ったから tent-Mark の CIRCUS TC を買った。

発売日の案内が Facebook に流れてきて、即、その日その時を待ってポチる。スケジュール帳に書いておいた。

受付開始の時、仕事の途中というか、自宅に向けて車で走ってる最中だった。家までには間に合わない! 近くの本屋の駐車場に慌ててハンドルを切り止める。仕事に持ち歩いている MacBook Air をネットにつないだ。

 

前回のサーカスTC を買った時の反省がある。緊張が走る。

今回、サイトの商品受注案内にも注意書きがあって、内容はまさに僕がしてしまったミス。よっぽど同じ状況の人がいたのではないかと、明文化されたその文章から想像出来る。

それを知っているから、5分前にエンジンを切り、2分前から時計とにらめっこした。

いいオトナが、いいおじさんが、だ。

 

さすがに接続、読み込みまで時間がかかった。「もう、ダメか?」と思ったその時、じわりじわりと購入サイトが現れた。

今回も数分後に売り切れてしまたのだろうか?

毎回、本体はすごい人気だという。そのインナーが初めて販売されるのだから、既に本体持っている人は気になるだろう。いや、持っていなくても「先に買っておきたい!」という気持ちは十分わかる。次いつ買えるかわからない、なんて不安すぎる。夏が終わっては利用価値は半減だ。

それにもし、本体同様人気商品になってしまったら、競争率はさらに高くなる。オークションで倍の値段で取引、なんてこともありえなくない。

 

初回生産分、というのはある意味「かけ」だと思う。

本当に使い勝手がいいのか? 評価のないものを買うことに今では迷いがあったりする人もいるだろう。

僕は、単純に「買い!」こういう時は直感に頼る。すぐに改良バージョンが出るかもしれないが、マイナーチェンジにしろ頻繁にしていては生産コストがかかりすぎる。コストパフォーマンスの良いテントだけに、それは致命的。もう何回かは、このまま、ということも考えられる。

 

というわけで、ドキドキしながら無事受付から5分後に購入完了。数日後、自宅に荷が着いたので早速、キャンプに出て設営。

 

やっぱり虫嫌いの僕には狭くなるし、中で直立出来ないし、ファスナー開けにくいし、中からだと本体のファスナーに手が届かないし、靴の脱ぎ履き面倒だけれど、1枚ネットがあるだけで安心感が段違い。

買って良かった。買えて良かった。

 

設営、撤収の流れを動画にして Youtube にアップ。

多分基本通りに立てたと思う。やってみていろいろ考えるところあった。次は、自分流の設営の仕方を模索することになると思う。そして愛着仕様に育つのだ。