やっぱりアナルコカップでしょ

やっぱりアナルコカップでしょ

計3回に分けて、やっと揃えたアナルコカップs。

最近、いろんな雑誌に載ってるから、持ってる人多いのかもしれない。何で今更、人が持ってると嫌がる天邪鬼な僕が買う。ずいぶん前の一目惚れ。中学入学まもなく、部活動のテニスで華麗にスマッシュを決める先輩のスコートの揺らぎにも似た心の動揺が、その時走って、ずっと心から消えなくなった2年前の事件。

今年3月、リアルに持っている人に会い実物を確かめた。へら絞りの状態、ステンレスの厚み、手にした時の重量感、肌触り。どれも僕の好み。キャンプ仲間は Snow Peaker が多い。みんな 膨大な数のスノーピークのシェラカップを携える。だから偶然、持って歩いてる姿を発見した時「アナルコ、買ったの?」って、速攻声かけた。僕の気持ちはその時から一途だ。

 

普段メインに使ってるのは、ロッキーカップとシェラクラブのシェラカップ。もう四半世紀ほど前に買ったのか? キャンプを始めた頃に買ったから、思い入れが深くて、その後コレクターのように違ったデザイン、メーカーのシャラカップ買ったけど、ひとつ持ち出すのは、いつもシェラクラブ。

アナルコカップ見て「やっぱり買わなくては後悔する」と決心がついて。2種類ずつ3回に分けて買った。最初は Bowl と Mug、2回目は Cup と Plate、そして今回 1/2pt(Mod.) と Solo。でも、もう終わり。今年出た Mini Mug は僕が使ってるシチュエーションを想像できない。

コレクターではなくなった今の自分。”使ってなんぼ” のセレクトを心がけている。今、幸せに大満足。お店のトラブルで注文して届くまで10日程かかったけど(僕が催促のメールして発見された)特別に急いでいたわけではない、別に気にすることもなく。

受け取り時に、3枚のステッカーと “シマシマ” が入っていた。お詫びだったのか? 手紙とか、コメントのようなものはなかった。プラス思考の余計な想像かもしれない。過去2回、この4点の封入はなかったから明らかに違うと、クスっと笑えた。

 

ガンガン使うぞ! 道具が物語を持つように、自然に年月を重ね “味” が出ていく過程が魅力的だ。それが似合う “違いのわかる男” になりたいから、僕は Anarcho Cups を使うのだ。ロッキーカップとシェラクラブのシェラとともに。